障害年金受給のための
3つの要件を解説します。



(要件その1)初診日要件


初診日にどの制度に属していたかによって、どの年金が受けられるかが決まります。初診日に、厚生年金保険の被保険者であること。


障害基礎年金

初診日において以下のいずれかであること
20歳未満
国民年金の被保険者
60歳以上65歳未満であり、住所が日本国内にある

※ただし、老齢基礎年金の繰上げ支給を受けている方は請求可能かどうか検討が必要です。


障害厚生年金

初診日に、厚生年金保険の被保険者であること。



(要件その2)年金保険料納付要件


初診日の属する月の前々月までの直近の1年間に、保険料の未納・滞納期間がなければよいことになっています。

上記を満たさない場合においても、 初診日の属する月の前々月までの被保険者期間のうち、年金保険料納付済期間と保険料免除期間をあわせた期間が3分の2以上であれば満たすことになります。


※納付要件を見る日は「初診日の前日」です。つまり初診日以降に慌てて納めても未納扱いとなります。

※20歳前に初診日がある場合、納付要件は不要です。ただし、ご本人の所得によって年金の一部
又は全部が支給停止となる場合があります。

※会社に社会保険を加入してもらえない場合、「被保険者確認請求」ということができます。
詳しくは最寄りの年金事務所もしくは社会保険労務士までご相談ください。




(要件その3)程度要件


障害認定日において(リンク → 障害認定日とは?)


障害基礎年金の場合は、障害等級1級又は2級のいずれかの状態になっていること。

障害厚生年金の場合は、障害等級の1級から3級のいずれかの状態になっていること。


なお、障害の状態が軽いため3級に達しない場合でも、初診日から5年以内に治り(症状が固定し)、その治った日の障害の程度により、障害手当金という一時金を受給できる場合があります。

障害の程度を認定する場合の基準となるものは、国民年金法施行令別表、厚生年金保険法施行令別表第1及び第2及び障害認定基準に規定されていますが、下記がある程度目安になります。




要件その3の中の、障害等級ついて


(1) 障害等級1級

身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状が日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のものとする。この日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度とは、他人の介助を受けなければほとんど自分の用を弁ずることができない程度のものである。 例えば、身のまわりのことはかろうじてできるが、それ以上の活動はできないも又は行ってはいけないもの、すなわち、病院内の生活でいえば、活動の範囲がおおむねベッド周辺に限られるものであり、家庭内の生活でいえば、活動の範囲がおおむね就床室内に限られるものである。

(2) 障害等級2級

身体の機能の障害又は長期にわたる安静を必要とする病状が、日常生活が著しい制限を受けるか又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のものとする。この日常生活が著しい制限を受けるか又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度とは、必ずしも他人の助けを借りる必要はないが、日常生活は極めて困難で、労働により収入を得ることができない程度のものである。 例えば、家庭内の極めて温和な活動(軽食作り、下着程度の洗濯等)はできるが、それ以上の活動はできないもの又は行ってはいけないもの、すなわち、病院内の生活でいえば、活動の範囲がおおむね病棟内に限られるものであり、家庭内の生活でいえば、活動の範囲がおおむね家屋内に限られるものである。


(3) 障害等級3級

労働が著しい制限を受けるか又は労働に著しい制限を加えることを必要とする程度のものとする。 また、「傷病が治らないもの」にあっては、労働が制限を受けるか又は労働に制限を加えることを必要とする程度のものとする。(「傷病が治らないもの」については、下記の障害手当金に該当する程度の障害の状態がある場合であっても3級に該当する。)


(4) 障害手当金

「傷病が治ったもの」であって、労働が制限を受けるか又は労働に制限を加えることを必要とする程度のものとする。


5.事後重症制度について

障害認定日に障害等級に定める障害の状態になくても、その後65歳の誕生日の前々日までに障害の状態が悪化し1,2級(厚生年金保険は3級まで)になった場合は、請求により請求した月の翌月分から障害年金が受けられます。




色々と大変な障害年金の申請手続き。難しい用語なども多いので、まずは、概要としてできるだけ簡単に、大事な事に絞ってステップ1として、まとめました。第3者に申請を依頼する場合に、案外見落としがちなことなども少し書いております。



障害年金申請手続きの注意点や当サポートセンターの特徴や価格などをまとめています。

ステップ1からステップ4の流れで、難しい障害年金申請手続きのポイントや注意点、それに当事務所の実績や料金などかんたんにまとめておりますので、是非ご覧ください。


実績とお客様の声

田口社会保険労務士事務所の障害年金受給実績紹介

障害年金申請手続きサポートセンターをご活用頂いたお客様の声をご紹介しています。



当事務所のご紹介

茨城の田口社会保険労務士事務所外観

当事務所は、茨城を中心に、地域密着型の、事務所です。「障害年金受給に特化した」さまざまな案件の実績がありますので、安心してお任せ頂ければと存じます。


社会保険労務士は、年金を専門とする国家資格のため、守秘義務があります。


さらに、当事務所のモットーは、ハートフルなコミュニケーション。難しい障害年金のこと。専門用語をわかりやすく 説明し、適正な障害年金受給のため誠実に対応しますのでご安心ください。




お電話はこちらから(発信する)

受付時間(平日)10時から18時まで(土日祝お休み)

Copyright © 2015 All Rights Reserved
茨城の障害年金手続き代行サポート室 田口社会保険労務士事務所